愛知のパワースポット解説

熱田神宮

愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1

熱田神宮は、愛知県名古屋市熱田区にある神社。祭神は熱田大神で、三種の神器の一つである草薙剣を神体としています。剣は壇ノ浦の戦いで遺失したとも神宮に保管されたままとも言われています。ここのエネルギーは静かですね。霊的なゴミなどが全くなく、かなり落ち着いている場所です。心を鎮めていろんなものを見たい。そんな心もちになりたいときに参拝するといい神社ですね。

百間滝

愛知県新城市大野

滝壷にはっきりとした断層が通り、滝頭にはポットホールが見られ、ダイナミックさを実感できます。日本最長の断層帯・中央構造線によって形成された谷の中にあり、この付近から「気」が多く放出されているとされ、滝のマイナスイオン効果とともにパワースポットとして多くの人が訪れています。ゼロ磁場の滝とも言われます。ここは自然エネルギーがかなり強ですね。このエネルギーは滝から出ているようですね。滝周辺から湧き出ているようですね。ここがパワースポットになっているのも頷けますね。お勧めスポットです。

豊川稲荷(円福山豊川閣妙厳寺)

愛知県豊川市豊川町1

「稲荷」は鎮守として祀られる荼枳尼天のこと。豊川稲荷は神社ではないものの、商売繁盛の神様として知られており、入口には鳥居が立っています。日本三大稲荷の1つとされます。ただし三大稲荷の選定には諸説あり一定していないが、豊川稲荷では他の2箇所を伏見稲荷大社、祐徳稲荷神社としています。ここは稲荷神社とのことですが、狐よりも人型の神様が多くおられます。特に女性の神様が多いですね。女性らしい繊細さ、ソフトさがありながらも同時によくないものに対しては鋭く対抗するというダイナミックさもあります。普段は穏やかですがここぞというときには。という感じです。癒しのエネルギーというより、魔を滅するという破邪のエネルギーですので悪いものを取り除くお祓いがお勧めですね。

名古屋城

愛知県名古屋市中区本丸1?1

名古屋城は、尾張国愛知郡名古屋(現在の愛知県名古屋市中区・北区)にあった城郭である。通称、「金鯱城」、「金城」とも呼ばれました。日本100名城に選定されており、国の特別史跡に指定されています。加藤清正にちなむ「清正石」があり、パワースポットとして人気です。お城にありがちな霊がたくさんいる状況ではなさそうですね。霊的には全く問題がないとは言えませんが、やばい状況ではなさそうです。逆にパワースポットでは愛ので、歴史的な意味はあるけど、スピリチュアルな部分では特記することはなさそうです。

八百富神社(竹島弁天)


愛知県蒲郡市竹島町3-15

八百富神社は、愛知県蒲郡市竹島町にある神社。「竹島弁天」ともいいます。蒲郡市沖の三河湾にある竹島に鎮座します。竹島全域が八百富神社の境内です。竹島は対岸とは僅か400mしか離れていませんが、暖地性の植生であり、対岸の植物相とは大きく異なるという特異的な環境です。ここには神様のほか、精霊のような人間の霊ではないものがいますね。この神社の守り神的な存在のようなんですが、他の場所にはない特殊なものなので特徴的だといえるかもしれませんね。

恋の水神社(恋の水)

愛知県知多郡美浜町奥田中白沢92-91

恋の水(恋の水神社)は、愛知県知多郡の神社。御祭神は美都波能女命。病気にかかった少名彦命がここの水を飲んで快癒して以来、万病の特効薬と言われています。1191年貴族の娘桜姫が恋人の病を治そうとこの地を訪れたが、土地の住人に「まだ半分」と欺かれ、失意のうちに亡くなったという伝説を持ちます。この悲話から現在では縁結びの神様として有名です。この神社にには女性の神様がおおくおられます。実はこの神様が参拝客に結構話しかけているようですね。参拝客に興味をもたれているようなのでお願い事をする際、神様に語り掛けるようにするといいのではない以下と思います。

砥鹿神社(砥鹿神社里宮)

愛知県豊川市一宮町西垣内2

砥鹿神社は、愛知県豊川市にある神社。里宮は同県同市一宮町、奥宮は同県同市上長山町にあります。境内には、北側に二宮・三宮を祀る三河えびす社。二宮社(事代主命)、三宮社(建御名方命)、その東側に本社社殿と総檜造りの荘厳な建物が並びます。鹿神社里宮は本宮山に祀られていましたが、御神託により約1300年前の大宝年間に山の麓に遷座され、山頂は奥院となっています。この神社は神様の組織がしかりしていて、神様としてのお仕事に隙がないという感じです。そのため、ここで参拝されてお願いしたことがきちんと処理されやすい傾向にあるようです。

松平郷(松平東照宮)

愛知県豊田市松平町赤原13

松平東照宮は松平親氏を祀り、さらに松平郷松平家が大正時代まで在住しました。境内には徳川家康産湯の井戸跡や松平家の屋敷跡などの史跡があります。近隣には松平家の菩提寺である高月院や松平城址などの史跡が散在します。元和5年、9代松平尚栄が、八幡宮に東照大権現を勧請しました。なお、この神社の敷地自体が松平家の屋敷「松平氏館」の跡で、現在でも石垣や濠などが残されています。ここの神様は1人ですべてをされているようですね。ご高齢な方ですが、長年の経験から何をどうすればよいかということをよくわかっているようです。どちらかというと地域に根差した、地域の神社という感じなのですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

各都道府県ページ

各県専用ページ

【九州地方】
熊本大分長崎佐賀
沖縄
鹿児島福岡

【四国地方】
愛媛香川徳島高知

【中国地方】
広島鳥取岡山島根
山口

【近畿地方】
兵庫大阪京都滋賀
奈良和歌山

【中部地方】
三重福井石川富山
新潟長野愛知山梨
岐阜静岡

【関東地方】
神奈川東京埼玉栃木
茨城千葉群馬

【東北地方】
岩手秋田青森福島
宮城山形

【北海道】
北海道

地域別お祓い厄除けデータベース

市町村別にお祓いができる神社仏閣をまとめました。
是非ご覧ください。

http://aoiro-remote.com/oharai/

PAGE TOP